FC2ブログ

    友人を作るといいね。人と出会うために、一歩勇気を出す

    自分経営
     
      友人を作るといいね。人と出会うために、一歩勇気を出す。

         
    (23) 友人を作るといいね。人と出会うために、一歩勇気を出す。

    友人を作るといいね。人と出会うために、一歩勇気を出す。

    友人・知人など人脈を広げるためには、
    じっとしていたのでは、できない。

    友人や知人は、自分にとって得する人、
    ためになる人を選ぶに限る。

    好き嫌いで判断せず、損得で判断したい。

    自分を成長させてくれる人、
    人生の先生として、針路を示してくれる人、
    悩みや問題を解決してくれる人

    そんな賢人を友人・知人としたい。


    そんな賢人と出会うために、一歩勇気を出すこと。
    これぞと思う人物には、
    積極的に声掛けをし、
    名刺交換・情報交換をし続けよう。

    きっと、相手も快く友人となってくれるだろう。



    自分が納得するまで成し遂げて、お客様が満足して初めて本当の仕事が完成する

    自分経営
     
      自分が納得するまで成し遂げて、お客様が満足して初めて本当の仕事が完成する
         
    (22) 自分が納得するまで成し遂げて、お客様が満足して初めて本当の仕事が完成する

    仕事は、まずは自分が妥協せず、
    やりたいことを納得するまでする。
    「あきらめない」ことだ。
    自分がどこまであきらめずにやりたいことをできるか、が重要。

    一度あきらめたら、
    次回、同じ場面に遭遇したときもあきらめるようになってしまう。
    それが、潜在意識の働きです。

    繰り返すことは、好きになるのです。

    そして、お客様に満足してもらうこと。
    自分だけが納得していても、仕事は終わらない。
    お客様が、何を欲し、何に悩み、何に困っていて、
    どうしてほしいのか。

    それに最大限答えてあげて、初めて仕事が成立する。

    自分が納得し、お客様が満足するまで
    粘り強くやり続ける。
    そこに、感動が沸きおこる。

    自分の代役を務める人間がいないようになっているか

    自分経営
     
          自分の代役を務める人間がいないようになっているか。
         
    (21) 自分の代役を務める人間がいないようになっているか。

    自分の代役を務める人間がいないようになっているか。
    子孫に残すものはあるか?

    自分独自のオリジナリティーを発揮できていますか。
    仕事でも趣味でも自分以外の人間でできるものが、
    他にいないことをしていますか。

    自分独自のオリジナリティーが、世の中の多くの人に受け入れられ、
    世の中に貢献できたとき、喜びは100倍になる。

    まわりが感謝を示してくれた時、
    やる気度はパワーアップし、ますますその内容を
    世の中に示していこうという気になってくる。


    そして、子孫に自分のオリジナリティーを残すことができ、
    代々伝わることができれば、磨きがかかり完成する。

    魂が喜ぶには、人を喜ばせること

    自分経営
     
      ろうそく

           
    (20) 魂が喜ぶには、人を喜ばせること

    魂が喜ぶには、人を喜ばせること。
    人を喜ばせるには、「人を動かす」(デール カーネギー,)」などを参考にするとよい。
    人を動かす3原則を完全に身に付け、
    その原則に沿って、行動していくと
    驚くほどに、人は喜んでくれる。


    人の中に、一本のロウソクの灯りがともれば
    自分の中にも一本のロウソクが輝く。

    100本のロウソクを人に灯せば、
    自分の中には、100x100=10,000本のロウソクが輝くことになる。

    つまり、人を喜ばせば喜ばせるほど
    自分の中の魂は喜ぶことになる。


    潜在意識が、「人を喜ばせる」ぞと言っていればよいが、
    もし、そうはさせないという潜在効力が働くと、
    ことは、うまくいかない。

    ほとんどの人がその罠に陥る。

    しかし、いとも簡単に解決できる方法を、
    当ブログでは紹介しているので、
    何度も繰り返しお読みください。
    そして、人の心の奥底に
    一本のロウソクを立ててください。

    人は、自分のニーズに説得されたがっている

    自分経営
     
            人は自分のニーズに説得されたがっている
      
           
    (19) 人は、自分のニーズに説得されたがっている

    人は、自分のニーズに説得されたがっている。

    人は何をして欲しいのか。 
     ➡人は、何に困っているのか。
      人は、何を悩んでいるのか。
      人は、何を望んでいるのか。
      人は、何を欲しがっているのか。

    ニーズに対する情報を欲しがっている。
    して欲しいところに新たな仕事が生まれる。

    多くのお年寄りは、孤独・退屈・寂しさにさいなまれている。
    話し相手になって欲しい。
    生活に役立つ情報が欲しい。
    自分の不便さを紛らわして欲しい。

    お部屋掃除をする時、
    便利な掃除機があれば、教えてほしいと思う。

    というように、対象が異なれば、ニーズも変わってくる。
    説得する内容も変わってくる。
    しかし、そこには明らかに仕事が生まれる。
    新たな仕事は、こうして生まれる。

    いつの時代も、人々は欲求がある。
    欲求に答えるようにすれば、
    満足する。
    人は、ニーズに説得されたがっているのだ。

    こうしたらこうなると、言って欲しいのだ。
    検索フォーム
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    フリーエリア
    Itunesからのダウンロードはこちらです。
     iTunes Store(Japan)

    ポーラスターProgram ポーラスター あなたも、しあわせへの切符を手にし人より一歩リード。

    お父さん塾 お父さん塾画像motoお父さん塾」は、 あなたの生き方に指針を与えてくれる強い味方です!