人が何故にそのような言動をとるのか、論説できるようになろう。

ブログ

(15)客観的に学ぶ
人が何故にそのような言動をとるのか、論説できるようになろう。

自分を理解するためには、客観的に見る必要がある。

1)自分も相手も分かっている自分
2)自分は知っているが、相手は知らない自分(隠しておきたい自分)
3)自分はわかっいないが、相手は分かっている自分
4)自分も相手も分からない自分(気づかない)

2と3はすれ違いが生じ、意見の対立が生じることがある。
そんなときには、一歩下がって、何ゆえに相手が自分のことをそのように考えるのか
振り返ると良い。そうすることで、自分が間違ったものの見方をしているのか
相手が間違ったものの見方をしているのかをとらえることができうるだろう。


TiMEiN⇒ 
スポンサーサイト
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
Itunesからのダウンロードはこちらです。
 iTunes Store(Japan)

ポーラスターProgram ポーラスター あなたも、しあわせへの切符を手にし人より一歩リード。

お父さん塾 お父さん塾画像motoお父さん塾」は、 あなたの生き方に指針を与えてくれる強い味方です!