FC2ブログ

    言葉にも八識がある

       言葉にも八識がある

    普段、私たちが口にする何気ない言葉。
    その言葉にも八識があるかもしれない。

    言葉の字面を見れば、意味するものは、
    辞書的な言葉かもしれない。

    しかしながら、その言葉が使われている
    時代、場所、人、状況、理由などによって
    その深い意味合いが大きく異なるように感じる。

    例えば、「ありがとう」ということば。
    温かみを感じる眼識であれば、ピンク色のような
    ほんわかな感じを受けることもあるでしょう。
    場合によっては、阿頼耶(あらや)識として最高の感謝として
    用いられ、過去から未来永劫に続くものかもしれない。

    こうして、言葉そののもの八識を楽しみ、
    奥深い感覚や感じ方を身に着けてみましょう。
    視野の大きな拡大ができるかもしれません。

    ※八識
    五官やからだを通じて対象を認識する意識作用の8種。
    ① 眼識:色や形を見分ける心・
    ② 耳識:音を聞き分ける心
    ③ 鼻識:匂いをかぎ分ける心
    ④ 舌識:甘いとか、辛いとか、酸っぱいとか、味を見分ける心
    ⑤ 身識:寒いとか暖かい、痛いたとか快よいなどを感ずる心
    ⑥ 意識:「意識」は、前五識を統制して、記憶したり、判断したり考えたり、命令したりする心
    ⑦ 末那(まな)識:執着する心
    ⑧ 阿頼耶(あらや)識:果てしない遠い過去から、永遠の未来に向かって流れて行く、私たちの永遠の生命の称。
    仏教ウェブ入門講座https://true-buddhism.com/teachings/alaya/ 参考
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    フリーエリア
    Itunesからのダウンロードはこちらです。
     iTunes Store(Japan)

    ポーラスターProgram ポーラスター あなたも、しあわせへの切符を手にし人より一歩リード。

    お父さん塾 お父さん塾画像motoお父さん塾」は、 あなたの生き方に指針を与えてくれる強い味方です!