FC2ブログ

    現代広がる自律神経失調症などの不定愁訴に関する『智閥的考察』について

    講師:TSさん
    テーマ「現代広がる自律神経失調症などの不定愁訴に関する『智閥的考察』について」

    要点
    問診とは、問うて診たてる。
     歩いてくるクライエントの姿を診て、どういう原因があるのか、
     将来どうなっていくのかが分かる(石塚左玄)

     「どうされましたか?」と問うと
     「腰のあたりが痛い」と答える。

     痛みは、肝臓・腎臓・腸など様々。

     「いつから痛いのですか?」→「昨日です。」(時間的経過がわかる)

     「何をしてから痛いのですか?」→「車を降りた時からです。」(動作による)

     「仕事は立ち仕事ですか、事務仕事ですか。」・・・

     そして、食習慣についても尋ねる。

    次に望診 
    色艶、姿勢、体臭、目の高さ・肩の高さ(歪みの指標) 
    姿勢を診る。前にかがんだ時、横に曲げた時等

    脈診
    舌診 など探偵気分で犯人捜し。

    重要なことは
    智閥的考察

     患者さんが無意識に発する言葉(何回か会ううちに何気に話す会話の中で)
    「おかげさまで」「悪いわりに何とか」・・・

     良くなると、お菓子を食べたりして悪くなる人もいる。

     ・・・潜在意識では、良くなることを望んでいない。
     「最悪!」「腹立つ」という言葉を何10年続けていると、行く先々でトラブル(潜在邪魔力)。
     ・・・もし、若い子がこのような言葉を発していたら、慎んだ方が良いよと教えよう。

     「ぎりぎり○○」「生活はカツカツ」・・・生活も人間関係もそうなる。

     「ありがたい」「気持ちいい」同じ仕事をしても、そういう言葉を発する人の方がいい結果を出している。

    クライエントの過半数は肩こり、腰痛、膝痛、鬱、自律神経失調症
    体験談
     大手電機メーカー関連に勤務。強力な鬱。眠剤や酒でごまかしていた。
     『粗食のすすめ』(幕内秀夫)を実践したら、
    代謝が良くなり外に出られるようになった。薬もいらなくなり仕事に復帰。
    その後、カイロプラティック開業。
    神経の働きを正常化し、食事で血液浄化できる。

    鬱、自律神経失調症で打つ手がない多くの共通する人
     →感謝ができない、人を許せない。
     感謝することは大事であると分かってはいるが、本当の意味での感謝を知らない。
    あって当たり前に有難みを見出すことが大切。

    感性を開くことで、感動し自律神経の働きも良くなっていく。

    高たんぱく、高脂肪、高糖、食品添加物などで血液はドロドロ。
    これらを食事で取り除いたとしても、感謝がなければよくならない。

    この時期、マスクをしていないと不安になる人がほとんど。
    世間に流され自分がない。
    潜在意識は自他の区別がないので、もろに影響を受ける。
    感性が低下し知性も低下する。
    ワイドショーなどに反応していては、不幸の道を歩むだけ。

    現代のこころの病気は、ストレス、働きすぎと言っているが、
    人の体質を決定づける要因は食。足もみ、温熱、加圧も大事。
    そして、感謝力を高めて、感性、分別力、知性を高めましょう。

    為になるから好きになるようになっていきます。

     じっくり何回も聴けば、あなたの魂がよみがえります!
        ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    フリーエリア
    Itunesからのダウンロードはこちらです。
     iTunes Store(Japan)

    ポーラスターProgram ポーラスター あなたも、しあわせへの切符を手にし人より一歩リード。

    お父さん塾 お父さん塾画像motoお父さん塾」は、 あなたの生き方に指針を与えてくれる強い味方です!