FC2ブログ

    言葉の認識は、人によって異なるという前提で話す

       言葉の認識は、人によって異なるという前提で話す

    相手との会話の中で、
    自分は正しく伝えたと思う内容であっても
    どうも伝わっていないということが、
    日常の中で散見する。

    その理由を考えるに、
    言葉の認識が、
    人それぞれにあって、
    自分が意図して伝えた内容が、
    相手が受け止める言葉の認識と
    異なると考えるからです。

    つまり、同じ言語であっても、
    発信側と受信側の受け止めが
    全く180度異なるということである。

    例えば「究極」という言葉についても、
    物事をつきつめきわめること。その最後の到達点というような
    意味合いがあるが、
    人によっては、グルメの話になるので、
    どうも会話が噛み合わなくなってしまう。

    したがって、あらかじめ
    言葉の認識は、
    人によって異なるという前提で話をすることにより、
    齟齬(そご)を防ぐことができ、
    良好なコミュニケーションが
    期待できると思います。

    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    フリーエリア
    Itunesからのダウンロードはこちらです。
     iTunes Store(Japan)

    ポーラスターProgram ポーラスター あなたも、しあわせへの切符を手にし人より一歩リード。

    お父さん塾 お父さん塾画像motoお父さん塾」は、 あなたの生き方に指針を与えてくれる強い味方です!