スローリーディングのすすめ

ひとつひとつの処理の仕方

      スローリーディング
    

    
(8)スローリーディングのすすめ

人の話に対して、脳が無視していないだろうか?
その訓練として、スローリーディングがおすすめです!

関心を惹くところだけをザッと見て「読んだ」と吹聴するのは、ちょっと疑問。
頭には、何も残らない。


人と人の溝を埋める言葉は、
ゆっくり超スローで読み進めたときにこそ、
発見できるのです。

作者が、何を言いたいのか、行間が分かるまで繰り返しゆっくりと読む。

行間が見えてきたときには、あなたは作者とつながれるのです。
作者とつながったとき、大切なことを一つ自分の中に吸収できることになる。

橋本武の【スローリーディング】はとても参考になります。
高校生に「銀の匙」を3年かけて読ませる。
ある年突然複数の東大合格者を出し、
その後合格者数日本一という偉業を成し遂げた立役者の1人として非常に有名ですね


スローリーディングを実践した時、あなたの脳はすでに多くのことを吸収し、
あなたたともに動き始めていくことでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
Itunesからのダウンロードはこちらです。
 iTunes Store(Japan)

ポーラスターProgram ポーラスター あなたも、しあわせへの切符を手にし人より一歩リード。

お父さん塾 お父さん塾画像motoお父さん塾」は、 あなたの生き方に指針を与えてくれる強い味方です!