FC2ブログ

    「心構え知識」のことばの定義をしっかり確認してみよう

       ことばの定義をしっかり確認してみよう

    あいまいな意味の言葉に出くわしたとき、
    あなたは、どうしますか。

    無視する。
    後から調べる。
    すぐにネットで調べる。
    すぐに辞書を引いて調べる。

    人それぞれかもしれませんが、
    辞書を引いてみると
    言葉をかみ砕いて説明がなされている。

    そうなると
    自分の中でもやもやしていた意味合いが
    クリヤーとなって、
    腑に落とし込まれていく。

    そういうことか、
    と思うことがあなたを豊かにしていきます。
    特に心構え知識には偉大なパワーがあります。

    チャンスを掴む為に

    講師は、KGさん
    「チャンスを掴む為に」

    三本柱①行動力②思索③自己肯定感 を大切にする。

    チャンスの神様は後ろ髪がない(チャンスは掴めない)
    一瞬しかチャンスは来ない。頼まれごとあっても点でしか来ない。

    まず、①行動から入っていく。
    宝くじも買わなければ当たらない。
    最初の一歩にはエネルギーがとても要るが、踏み出していくことから始めよう。

    ②自信がないと思索もできない。
    ③自分は価値ある人間だよねと。
    他人の得意なところは自分苦手であったりする。
    比較すると自信を失くしてしまう。

    だから、
    自己肯定感が低いうちは、実行しない。その時は、感謝力を高める。
    他人がしてくれていることは社会生活では大事にする。
    八百屋でも魚屋でも役割分担があるということ。
    他人と比較することなく、得意なことを育てていくようにする。

    そして、自分が設定した目標を達成できるかどうか。
    まずは自分に自信あるところから育てる。
    次第に、手の届かないところを目指し自信がつけばさらに
    手の届かないところを目指していく。

    自信が無いうちは、言い訳をしない。
    しかし、3 本柱ができてくると、言い訳は反省になる。
    行動できない人の言い訳は、逃避だけにしかならない。

    思索は、行動につなげるための準備である。
    宿題でももの作りでも納期がある。
    危機感をもって臨んでいくと心の負担は軽減する。
    課題、目標、予定、優先順位を紙に書いて言語化して
    1 日 2 回は見直す。

    どうしたら課題を達成できるか脳内シュミレートして、
    潜在意識包囲網をフルに活用していく。
    そして行動力に繋げていく。
    何気なく行動していたことが思索することで、
    いろんなヒントや答えに繋がっていく。

    例えば、頭痛でもきっかけに出会ったら
    パッと根本的解決のチャンスが掴める。
    しかし、薬に頼っていたのではいつまでたっても解決しない。

    行動力があっても、自己肯定感がなければ思索もできない。
    こうして、アンテナを広げてチャンスを掴む準備をしていこう。

    その時、チャンスの神様は向こうからやってくるのです。

    じっくり何回も聴けば、あなたの魂がよみがえります!
        ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



    苦痛と感じることはすべて自分の責任!

         苦痛と感じることはすべて自分の責任!

    苦痛と感じることは、
    全部自分の責任として引き受ける。

    たとえ、紛争や戦争であろうと
    家族、友人との争いごと。

    身体の不調、例えば頭痛や腹痛。
    倦怠感や不定愁訴。

    毎日、私たちは多くの情報に遭遇する。
    その自分の意志で取りに行って遭遇した情報そのものが、
    もし苦痛であったとしても、
    それらもまた、自分の責任として引き受ける。

    自分の責任として引き受けることは、
    すべての始まりである。
    あらゆることを、前向きに捉えるための、
    始めの第一歩となるのです。

    時間管理の重要性について

    時間管理の重要性
    今日の内容
    ● 時間の重要性と緊急度
    ● 投入時間とその成果
    ● パレートの法則による時間投入法
    ● 時間の活用は朝型
    ● 行動時間管理
    ● 時間の罠・錯覚
    ● バランスのとれた目標管理と時間管理


    時間管理の重要性
    1.自分自身の実行力の評価
      E(評価) = Q(質) × T2(投入時間2) 
      我々は弱者(質がすぐには上達しえない)ゆえ 
      投入時間を増やすことから、始めよう。
    2倍の成果を期待する場合の必要時間
    例)10時間で1の成果がある時、2の成果を求める
      → 倍の20時間必要ではなく、√2 (1.41)倍の
        約14時間で十分。       

    2.パレートの法則・・・時間管理にも応用可
      2:8の法則 全体のうち重要な2割をこなせば、
               全体の仕事の8割は終わる。
       重要な2人で8割(0.4/人)をこなし、     
       残りの8人で2割の仕事(0.025/人)をする。
              実に16倍!の差
     重要なこと2割に一点集中して、時間を注ぐこと。
    しかも繰り返せば、成果は格段に向上するとともに
    成果を得るための時間の短縮

    参考)エビングハウス忘却曲線
    ※ 20分で40% 1日で75%忘却
    復習が重要

    3.時間の拡大は、朝型にしよう
    話しかけてくる人もいない。
    電話もかかってこない。
    頭もスッキリ・クリヤー。
    「ダイヤモンドの時間帯」こそ、大事な仕事を
    集中的に片づけると1日の生産性は大きく向上。
        行動の前に時間を変えよう!

    4.行動時間の管理
    時間目標 1年間に何時間 平日に何時間
           休日に何時間 朝何時から
           1日の行動計画
    時間管理 時間の振り分け(パレートの法則)
           一気に一点集中!
           
    5.時間は手段であり目標ではない
    時間は、何かを成し遂げるための「手段」で
             「目的」ではない!
    人生目標がどのレベルにあり、自分自身の満足度
    をどのステージに置くかによって、時間管理も変わる。
    目標・向上心・満足度を考慮して、         
                     時間管理を活用

    6.時間の罠
    時間目標は立てたものの、先延ばしの癖に注意!
    本当は、こころの奥底では自分のすることなのに
    「忙しい」からと言い訳して、見ないようにしている。
    自己欺瞞の積み重ねをするとまた次も・・・
    ~~顛倒夢想~~顛倒夢想~~顛倒夢想~~
    重要なものを重要だと認め、サッサと時間を活用し
    て取り掛かる。優先順位の活用!
    残された命の時間を
        あと   3ケ月   と設定してみる。
    あるいは、
    残された命の時間を
        あと   1 日   と設定してみる。
    一日一日を、そのつもりで生きれば、
    今日やるべきことが、自ずとできるようになる。
    さらに
     もしも、自分が亡くなったと想定してみよう
     これだけは、絶対にやっておきたかった!
    パチンコ? TVゲーム? グルメ? お金儲け?
    真理の学び・伝える?  

    7.錯覚から抜け出す
      ~重要でない時間を重要だと錯覚~
      ~重要な時間を重要でないと錯覚~
    時間の浪費・・・カウントダウンは今も続いている。
    重要か重要でないかを判断できるようになること
    → 宇宙領域、あるいは1000年後から見て行なっ
      ていること、しようとしていることはとても価値あ
      ることか?

    8.やるべき目標(重要なこと)と時間配分の関係
        1日単位
        週単位
        月単位
        3月単位
        半年単位
        1年単位 3年単位 5年単位 10年単位
        亡くなるまで 子孫まで1000年単位

     やるべき目標(重要なこと)と時間配分
    A : S 今日の目標(A)と今日の時間配分(S) 
    B:L  長期目標(B)と長期の時間配分(L)
    長期目標Bのために長期時間配分Lだけでは解決
    しない。                          
    A:S⇒B:L 今日の目標・時間配分があってこそ
    成立
      B =AL/S
    ※長期目標(B)は今日の時間(S)の        
    最重要目標(A)をいかに大切にするかが重要!

    今日一日のやるべきこと(重要なこと)の     
     時間配分を決める
    優先順位 時間     今日やるべき6つの仕事
    1 5:00 健康講座の復習 10-15ページ
    2 7:00 マスターの音声を聞く 1-1
    3 12:00 調べもの(あらかじめメモしておく)
    5 18:00 散歩して、思考のリセット
    4 19:00 検定の勉強 20-25ページ
    6 21:00 瞑想(今週のヒラメキのメモ振り返り)

    朝型 5:00に起床 一日のスケジュール確認
       身に付けたい内容を実行
    ※朝は、知的作業に最も有効な時間帯
    7:00 マスターの音声を聴きながら通勤
    ※通勤時間を無駄にしない
    12:00 お昼休みは調べものをして疑問の解消
    18:00 散歩することで一日の雑念を消去
         同時に色んなひらめき や 構想
        ※自然との一体感を感じながら。
    19:00 取り組むべきことを身に付けていく
    21:00 瞑想 メモ書きして重要なことを残す。
    ※明日への活力につながる。
    夜は睡眠学習 ますます向上できることを期待して
    おやすみ~

    9.時間管理の6分野
       バランスのとれた時間配分が重要
          精神  健康  経済
        家庭生活  教養 社会生活
    各16.67% ですが 劣っている部分に2倍程度、
    優れている分野には半分程度でも良い。
    31

               まとめ
    1.命は時間である。
      限られた時間は、刻々と刻まれる。
    2.緊急ではなく重要なことに時間を投資すべき。
    3.時間管理は、今日一日の枠とバランスのとれた
      目標が重要
    以上
    引用・参考
    『自己啓発と時間戦略』                
           (ランチェスター経営竹田 陽一)
    思考の整理学』(外山 滋比古)
     人生はアート(芸術)Ⅵ
        (潜在能力感知開発トレーニングへの招待

    じっくり何回も聴けば、あなたの魂がよみがえります!
        ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    心理的スコトーマからの脱却

         心理的スコトーマからの脱却

    心理的スコトーマとは、
    認知科学者でもある苫米地英人博士によると
    物理的には脳に入っているはずなのに、
    脳は認識できない状態をいうそうです。

    心理的スコトーマは、自身の好き嫌い判断によって、
    重要なことを重要でないと認識したり
    あるいは知識不足によって、脳がスルーしてしまうのです。

    目の前に真実を見せても、
    証拠を示しても
    突きさしても
    本人には全く、脳に深く落とし込まれない。

    固定観念がそうしていると考えると、
    固定観念を外すことから始めましょう。
    もしかしたら、重要なことを見落としているかも?

    いつもと全く異なる行動や裏の視点から見るなど、
    非日常を味わうことで
    自分の思い込み、見えない真実が
    クリヤーになるかも知れません。

    検索フォーム
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    フリーエリア
    Itunesからのダウンロードはこちらです。
     iTunes Store(Japan)

    ポーラスターProgram ポーラスター あなたも、しあわせへの切符を手にし人より一歩リード。

    お父さん塾 お父さん塾画像motoお父さん塾」は、 あなたの生き方に指針を与えてくれる強い味方です!